HOME>施工事例>現場打ち擁壁

現場打ち擁壁の施工事例

11.jpg

RC擁壁(鉄筋コンクリート)とCP型枠化粧ブロックによる造成・外構工事

三重県四日市の高低差のある住宅の外構造成工事です。
高低差のある敷地を最大限利用するため、RC擁壁(鉄筋コンクリート)で道路面より立ち上げました。
駐車場と玄関に至るアプローチは化粧型枠ブロックを採用し、土留め沿いに沿って曲線を使って登ることで階段の先への期待感をもたせ、奥行き感をだしています。
階段には安全面に配慮し、踏み面を広めにとり、視認性を高めるため段鼻と床の色のコントラストを変えています。
タイルと金属の組み合わせたオーダー品の表札やランドセルのようなラッセルポスト、インターホンを土留めを利用して配置しました。

12.jpg 13.jpg

14.jpg 15.jpg

名称 S邸(三重県四日市市)
【施工箇所】  造成・擁壁工事・外構エクステリア 
【材料】  土留め:RC擁壁(鉄筋コンクリート)、ユニソン CP型枠化粧ブロック
フェンス:東洋エクステリア アルメッシュフェンス
ポスト:オンリーワン ラッセルポスト
表札:アートサイン表札
レンガ:ユニソン コーチハウスレンガ
床:四国化成 リンクストーン
レンガ立水栓:ユニソン コーチハウスレンガ

6.jpg

RC擁壁(鉄筋コンクリート)による造成工事

三重県鈴鹿市の高低差のある住宅の外構造成工事です。
高低差のある敷地を解消するため、ひな壇形式でプランニングを行いました。
駐車場を敷地の上下で駐車できるように計画し、来客用とプライベート用と分けています。
擁壁の構造は鉄筋コンクリートの構造で、コンクリート打ち放しの素朴な仕上げと、法面(のりめん:斜面このと)をつかってコンクリートが見える面積を少なくすることで、高低差から受ける圧迫感を減らしています。
コスト面を考慮し全体を低めの土留めと法面(後で芝を張ったり、花を植えたりできる場所)で構成しています。

7.jpg 8.jpg

9.jpg 10.jpg

名称 T邸(三重県鈴鹿市)
【施工箇所】  造成・擁壁工事・外構エクステリア 
【材料】  土留め:RC擁壁(鉄筋コンクリート)